年齢に合わせた体調を整えるバランスの良いゴハンとは?(副食編)

先日、主食編にてバランスの良いゴハンについて発信したんですが
今回は『副食』についてお伝えします。

ウサギさんは同じ物を毎日食べるとやはり飽きがくるみたいです。
(人間と一緒ですね( ̄▽ ̄;))

その食欲が落ちている時にあげると良いです。

年齢に合わせた体調を整えるバランスの良いゴハンとは?(主食編)

1.あげても良い野菜

ウサギ=にんじんみたいに思われていると思います。
間違いではないですが、あくまで牧草がメインですのでご理解ください。
  • にんじん
  • ブロッコリー
  • チンゲン菜
  • 小松菜
  • キャベツ
  • 大根の葉
  • カブの葉
  • カリフラワー
  • セロリ
  • パセリ など
初めてウサギさんが口にする事になりますので
少量から与えましょう。

食べすぎると下痢や太ってしまいます。
緑黄色野菜を中心に繊維質がファイル豊富なものを選んで
あげすぎないように注意しましょう。

※カルシウムの多い野菜には注意

カルシウムを摂りすぎると
尿道や膀胱に石ができる尿石症になりやすい。
(大根の葉・カブの葉・小松菜など)

・野菜を与える時の注意点

・主食のペレットの1割まで

1日のペレットの総量の1割までに抑えましょう。

・野菜の摂りすぎは下痢のもと

牧草とペレットを食べなくなる以外にも、食物繊維が不足して下痢になります。
水分が少なく繊維が多いブロッコリーの茎やセロリの茎がオススメです。

・食べ残しは片付ける

生野菜は傷みやすいので、食べ残したものは片付けましょう。

2.あげても良い野草

  • ハコベ
  • クローバー
  • 西洋タンポポ
  • ナズナ
  • オオバコ など
安全が確認できるものだけを与えるようにしましょう。

ハーブも与える事は可能ですが
刺激が強いものや中毒を起こしてしまう恐れがあるので
確証があるものだけにしましょう。

自分で摘んだものは、農薬がかかっている可能性がありますので
できるだけ市販のものが安心です。

3.あげても良い果物(おやつ)

  • リンゴ
  • パイナップル
  • メロン
  • バナナ
  • ブドウ
  • イチゴ
  • パパイヤ
  • オレンジ など
果物はウサギさんにとって『おやつ』の位置づけです。

糖分とカロリーが高いので、肥満や虫歯の原因に・・・
与える量に注意しましょう。

抱っこやブラシングを嫌がる時に、ご褒美やしつけなどに
効果的に与えましょう。

4.ドライ食品

野菜や果物をカットして乾燥させたドライ食品も大好物です。

ウサギカフェへ行くと青パパイヤのドライ食品なんかもらって
触れ合いますよね。
こちらも与えすぎには十分注意しましょう。

・選ぶときはここに注意

できるだけ加糖でないものを選ぶ。
食いつきは良いんですが、あげすぎると肥満になります。
無添加のものを選びましょう。

繊維質が多い桑の葉、ビワの葉、リンゴなどカロリーが低いものを選びましょう。

5.その他

・サプリメント

整腸作用を高めるものや栄養補給を目的としたものがあります。
私のウサギさんは専門店からのご指導いただいて与える様にしています。

6.まとめ

1.あげても良い野菜
・にんじん
・ブロッコリー
・チンゲン菜
・小松菜
・キャベツ
・大根の葉
・カブの葉
・カリフラワー
・セロリ
・パセリ など

2.あげても良い野草
ハコベ
・ペレット
・クローバー
・西洋タンポポ
・ナズナ
・オオバコ など

3.あげても良い果物(おやつ)
リンゴ
・パイナップル
・メロン
・バナナ
・ブドウ
・イチゴ
・パパイヤ
・オレンジ など

以上の事のように、あげても良いものでも用量に十分注意して与えましょう。
オススメなあげ方は躾の時や嫌がる抱っこやブラッシングの時です。

何回もお伝えしますが、あくまで主食は『牧草・ペレット』です。

かわいいからといってあげ過ぎる事の無いようにしましょうね。

≪与えてはいけない食べ物≫はこちら

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする