ウサギを選ぶ時のポイントを紹介

ウサギさんの種類とカラー、大きさなどでかなり品種が多いので
選ぶ時に悩む事になると思います。

選ぶ際のポイントを少しばかり紹介したいと思います。

1.体のサイズ

小さい子は小さく、大きい子はかなり大きいです。

体重が1kgから5kg以上超えるウサギさんがいますので
どのウサギさんを買うのか、大きくなった時の事をイメージして
選びましょう。

・小型(2kg程度まで)

  • ネザーランドドワーフ
  • ホーランドロップ
  • ジャージーウーリー
  • ミニレッキスなど

・中型(2kg~5kg程度まで)

  • レッキス
  • イングリッシュアンゴラ
  • ダッチなど

・大型(5kg以上)

  • フレンチロップ
  • イングリッシュロップなど
※ミニウサギはミックスウサギなので成長が読めないため
大きくなる場合もあるため要検討です。

2.耳の形

・立ち耳

  • ネザーランドドワーフ
  • ジャージーウーリー
  • ミニレッキスなど

・たれ耳

  • ホーランドロップ
  • アメリカンファジーロップ
  • フレンチロップなど
立ち耳・・・やんちゃで活発
たれ耳・・・おっとりおだやか

たれ耳はたち耳に比べて耳の病気になりやすいので気にかけて下さい。

3.毛質

・短毛種

  • ネザーランドドワーフ
  • ホーランドロップ
  • ドワーフホト
  • ミニレッキスなど

・長毛種

  • ジャージーウーリー
  • アメリカンファジーロップ
  • ライオンヘッドなど
短毛種・・・足裏の毛が薄いため、皮膚の病気になる可能性があるので要注意。

長毛種・・・毛が長いためブラッシングに手間が掛かる。

短毛種にも長毛種にも(人間にも)言える事ですが
抜け毛があって部屋の角に溜りますのでマメに掃除する事をオススメします。

ウサギの毛は軽くてフワフワと浮遊したり飛んでいくので
飼う部屋を選んだ方が良いと思います。

4.性別

・オスの行動

縄張り意識が強いため、思春期にスプレー行動(オシッコを巻き散らす行動)をする

・メスの行動

妊娠していないのに巣作り行動する。(偽妊娠)

私のウサギさんはメスで偽妊娠の行動がありました。

それは・・・

自分の毛を口でむしる行為です。(せつないです( ;∀;))

突然、この行動が訪れた時はビックリしました。

マウンティングもメスなのにしていました。
もし、子供を作る事を希望しないのであればウサギさんに申し訳ないですが
避妊手術をして子作りとマウンティングの防止を行う。

5.複数飼い

オスとメスを飼う場合は、しっかりケージを別けましょう。
いつの間のか交尾していて子ウサギさんがイッパイ生まれちゃいます。

初めての方は慣れるまで1匹で我慢する事が良いです。

6.同居動物

ウサギさんはご存じだと思いますが『草食動物』です。

外に出ると、いつ襲われるか・・・ストレスとなります。
なので、弱い動物ですので他の動物と同居する場合は慣れるまで
配慮が必要です。

7.まとめ

1.体のサイズ(大・中・小)
2.耳の形(たち耳・たれ耳)
3.毛質(短毛種・長毛種)
4.性別

以上の点を参考にウサギさんを選んで下さい。

カラー(色)については無数に有りすぎて紹介出来ませんでした。(すいません)
もし気にならないのであれば
ご自分の好みの色やウサギさんを見た時の印象で決めても良いかと思います。

私のウサギさん(うーちゃん)はホーランドロップなんですけど
簡単に言うと一目惚れでした。

単色のウサギさんも居ましたが
嫁さんと相談してブロークンチェスナット(白黒)の色を選びました。
選ぶポイントを紹介しましたが
私の様に一目惚れで選ぶ方もいるので、実際に自分の目で確認して
ご家族と会議してウサギさんを手に入れてみて下さい。

但し、飼ったからには飼い主の責任がついてきますので
多頭飼いや動物の虐待等無いように最後まで面倒みて下さい。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする