~ウサギへの躾方法と対策~コミュニケーションの向上へ

ペットを飼うと必ずやらないといけない事があります。
タイトルにも書いていますが『躾』(しつけ)です。

これは避けていると、ペットが言う事は聞かないわがままになります。
飼い主の皆さんが望んでいない家族となるでしょう。

ウサギさんと一緒に生活する上で覚えさせたい事を躾方法とお伝えします。

1.トイレの躾

これは飼い主さんが一番気にする所ではないでしょうか。

ウサギの祖先のアナウサギは寝室とトイレを別けて暮らしていたみたいですので
この習性を利用して覚える事が出来れば、同じ所でトイレしてくれます。

個体により、やはり覚えが悪いウサギさんがいますが
叩いたりしないように根気よく教えていきましょう。

・トイレの置き場所

人間と同じであまり見られたくないので隅っこで排泄します。

ウサギさんをよく見ると決まったところで排泄すると思いますので
その場所に設置すると良いでしょう。

・上手いトイレの躾方法

・おしっこの匂いが付いたものをトイレに入れておく

トイレ砂を掃除する時、全部捨てるんではなくて
少しおしっこがついた砂を残してトイレの躾をする。

私のウサギさんはこの方法をしました。
割と早く覚えてくれたので、トイレの躾に苦労はなかったのでオススメです。

・おしっこが出そうな様子が見れたらトイレに連れていく

なかなかウサギさんのおしっこをしそうな様子って判りにくいんですけど
ソワソワしたりしっぽが上がればサインですので、トイレに連れて行きましょう。

・トイレで排泄したら褒める

トイレで上手く排泄する事ができれば褒めてあげましょう。

ウサギさんは褒められるとうれしいと認識するので
また褒めてもらうために行動します。
これを繰り返すとトイレを覚えてくれます。

・トイレじゃない所で排泄

まだトイレを覚えていないため、違う場所でしてもすぐ拭いて消臭スプレーなどで
匂いを消しましょう。

匂いが残っているとまた排泄する可能性があります。

2.名前を覚えさせる

ウサギさんは名前を覚えることができます。(個体差があります)

いいことしたら名前とセットで呼ぶのが良いですよ。

名前を覚えるとブラッシングや抱っこの時に楽になります。
覚えるのに1年掛かる事もありますが、根気よく呼びましょう。

・名前を覚えさせるためのコツ

・気持ちいい所を触りながらやさしく名前を呼ぶ

ウサギさんがリラックスしている時、おでこや背中を撫でながら名前を呼ぶと効果的

・おやつを利用して名前を呼ぶ

ウサギさんにとっておやつはご褒美みたいなものですので
おやつを利用して呼んでみましょう。

・名前を覚えてくれない原因とは

・呼び方が人によって違う。

・大声で呼んでいる為、ビビっている。

・名前と嫌なことを一緒に覚えている。

など、ウサギさんにとって混乱と恐怖でしかありません。
もし、思い返してみてやっていたら改善しましょう。

3.困った行動を直す

・ケージを噛んだりする

ケージから出たいと要求しています。
かと言って、安易にケージから出してしまうと助長することになり
ケージを噛み続けます。

不正咬合の原因となりますので注意が必要です。

【対策】
静かになるまで相手にしない。
よく噛む所に木を置く。

・人にマウンティングする

自分の方が立場が上だと主張しています。
勘違いな主従関係となるため、わがままなウサギさんとなります。

【対策】
ダメと叱り、相手にしない。
おもちゃなどで気を逸らしましょう。

・急に噛んできた

この行動はメスに多いです。
縄張りを広げようと攻撃的になっている。

【対策】
噛んだらダメと言い、頭を軽く押さえましょう。
繰り返す事でいけない事と認識させるのが効果的。

・妊娠していないのに巣作りをする

メスが妊娠したと勘違いから起きる行動です。(偽妊娠)
自分の毛をむしって巣作りします。(20日前後で治まります)

【対策】
自然に治まるまで待つ
避妊手術をすれば偽妊娠はしなくなる。

4.まとめ

≪トイレの躾について≫
・おしっこの匂いが付いたものをトイレに入れておく
・おしっこが出そうな様子が見れたらトイレに連れていく
・トイレで排泄したら褒める

≪名前を覚えさせる≫
・気持ちいい所を触りながらやさしく名前を呼ぶ
・おやつを利用して名前を呼ぶ

≪名前を覚えてくれない原因≫
・呼び方が人によって違う 
・大声で呼んでいる為、ビビっている
・名前と嫌なことを一緒に覚えている

以上により、ウサギさんの躾について纏めました。
躾は言葉が通じる人間でも大変ですよね。
ウサギさんの事を思って頑張って嫌われないようにやってみましょう。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする